Photoshopでリアルな写真プリントの影を表現する | I love Photoshop

thumbnail

Photoshopでリアルな写真プリントの影を表現する

2011年8月28日


参考:Rapid Fire #1: Photo-Realistic

STEP1:写真プリントの外枠を描く

長方形ツール(U)を使って写真の枠を描きます。(レイヤー名:枠)

次にメニューから レイヤー > レイヤースタイル > グラデーションオーバーレイ を開き、下図のように白(#ffffff)からベージュ(#f7f2e7)のグラデーションをかけます。

STEP2:写真の配置位置を設定

STEP1で作成したレイヤーのサムネイルをCommand / Control キーを押しながらクリックし、長方形の選択範囲をつくります。

メニューから 選択範囲 > 選択範囲を変更 > 縮小 を開き、写真枠の分だけ選択範囲を縮小します。
ここでは10pxとしました。

新しいレイヤー(レイヤー名:マスク)を作成し、選択範囲を任意の色で塗りつぶします。

STEP3:写真の配置

メニューから ファイル > 配置 を開き、配置する画像を選択します。配置した画像のレイヤーはSTEP2で作成したレイヤー(マスク)の上に置いてください。

次に写真のレイヤーを右クリックし、「クリッピングマスクを作成」を選択してください。
するとマスクレイヤーのサイズで写真がトリミングされます。

最後に写真のレイヤーを選択し、適当なサイズ・位置に調節してください。

STEP4:陰影グラデーションの設定

新しいレイヤー(レイヤー名:グラデーション)を作成します。描画色に黒を設定し、グラデーションツール(G)を選択後、グラデーションエディタを開きます。

次に下図のようにプリセットから「描画色から透明に」を選択し、左の不透明度終了点をクリック、不透明度を50%に設定します。

STEP5:グラデーションの描画

グラデーションツールで左上から中央方向にグラデーションを描きます。続けて描画色を白に設定し、右下から中央方向にグラデーションを描きます。(下図参照)

次に枠レイヤー(STEP1)のサムネイルをCommand / Control キーを押しながらクリックして選択範囲を作ります。

最後にグラデーションレイヤー(STEP4)をクリックし、レイヤーパネル下部にある「レイヤーマスクを追加ボタン」をクリックしてマスクをかけます。

ここで新しいレイヤーを最下部に追加し、任意の色で塗りつぶした背景レイヤーを作成します。

STEP6:レイヤーの回転

背景レイヤー以外をすべて選択(Command / Ctrl キーを押しながらクリック)し、Command / Ctrl + T キーを押します。

コーナーハンドルの少し外側をドラッグし、下図のようにレイヤーを少し回転させます。

STEP7:影レイヤーの作成

枠レイヤーの下に新しいレイヤーを作成し、レイヤー名を「影」とします。

次に枠レイヤーのサムネイルをCommand / Control キーを押しながらクリックします。

つづいて、作成した選択範囲を右クリック、「作業用パスを作成」を選び、許容値に10を設定します。

STEP8:パスで影の形を描く

パス選択ツール(A)を選択し、下図のようにアンカーポイントの追加(右クリック→「アンカーポイントを追加」)やパスの変形をしていきます。

STEP9:影の描画(完成)

パスパネルの作業用パスレイヤーを右クリックし、「選択範囲を作成」を選択、ぼかしの半径:0で適用します。

次に影レイヤーを選択し、描画色:黒で塗りつぶし、メニューから フィルタ > ぼかし > ぼかし(ガウス)を開き、半径6.0pxで適用します。

最後に影レイヤーの透明度・位置などを調整して完成です。

PSD Download