Photoshopで写真にロモグラフィー効果を付ける | I love Photoshop

lomo-effect

Photoshopで写真にロモグラフィー効果を付ける

2011年7月5日


Source : Photoshop Tutorial: Getting that great X-PRO LOMO look

レタッチ前

Step1:レンズ補正フィルターでゆがみを加える

メニューから フィルター( > 変形)> レンズ補正 を適用し、少し歪ませます。
ここでは「歪曲収差」の値「-1.5」を設定しました。

Step2:ぼかしを加える①[マスクの設定]

レイヤーをコピーし、「Q」キーを押してクイックマスクモードにします。
次に「D」キーで描画色に黒を設定し、「B」キーでブラシツールを選択します。

ブラシで描く箇所がぼかしのかからない箇所となります。
ブラシサイズ、硬さを調整し、下図のようにマスクを設定します。

Step3:ぼかしを加える②[ぼかしフィルターの適用]

Q」キーを押し、クイックマスクモードから画像編集モードに戻します。

フィルター > ぼかし > ぼかし(レンズ)を選択し、ぼかしを適用します。
ここでは下図のようにパラメータを設定しました。

選択範囲はStep4でも使用するので保持したままにします。

Step4:写真の四隅に影を付ける

選択範囲を保持した状態で、調整レイヤーの「トーンカーブ」を作成します。(レイヤー > 新規調整レイヤー > トーンカーブ
ここでは下図のように設定しました。

Step5:トーンカーブで色味を変える

再び「調整レイヤー:トーンカーブ」を作成し、チャンネルをレッド、グリーン、ブルーに切り替え、各カーブを調整して色味を変えます。
下図を参考にお好みで調整してください。

Step6:色調補正(完成)

写真のレイヤーの上に新規塗りつぶしレイヤーレイヤー > 新規塗りつぶしレイヤー > べた塗り)を作成し、べた塗りする色に#f0e7bbを指定します。
塗りつぶしレイヤーの描画モードを「ソフトライト」にし、適宜不透明度べた塗りの色を変えてお好みの色味に設定してください。

最後に「調整レイヤー:トーンカーブ」を一番上のレイヤーに作成し、明度やコントラストを調整します。

PSD Download